2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07





我が家の紫陽花 2018

いかにも梅雨らしい日が続く今日この頃ですね。洗濯物がなかなか乾かず難儀しております・・(^^;)そんな鬱陶しい梅雨時も、紫陽花の花に目をやると心和み、日本の四季を感じるので、まぁ良しとしましょうか。笑

今年は色々な花の開花が早かったような気がしますが、紫陽花も例年より早かったんじゃないかなぁ・・? 我が家のベランダの紫陽花もそろそろ盛りを過ぎてきましたが、終わりかけの花に交じってまだ色づいていない花もあり、もう少し楽しめそうです。


昨年お迎えしたお多福紫陽花(購入時)


お多福紫陽花170626



開花株で購入したので花後剪定し、プラ鉢から少し大きめのテラコッタの鉢に植え替えました。そして植え替え時、赤系紫陽花用の土を使用し、今年は赤い花が咲くかなぁ~??と楽しみにしていましたが、残念ながら上手くいかなかったようで今年も青い花が咲きました(^^;)でももちろん、青い紫陽花も綺麗です!


5月18日
鉢を大きくしたので、去年より大きく育っています


お多福180518b 



お多福180518a


ちなみに、手前の花芽がついているのがお多福紫陽花で、後ろのは葉挿しから育てて13年目になる普通の紫陽花。去年がっつり強剪定し、株をコンパクトにしたので今年は花が咲きませんでした。でも、株は若返り良い感じに育っています。




5月30日
ほんのり色づいてきました


お多福180530


6月6日
今年も青紫陽花に決定・・・笑
お多福紫陽花の特徴 くるんとカールした花びら


お多福180606



6月8日
1つ1つの花の大きさは購入時より小さいけど、花数は増えました


お多福180608



6月18日
色が少し濃くなりました


お多福180618a




お多福180618c


終わりかけの花もある中、まだこれからの花もある


お多福180618b



紫陽花は丈夫でぐんぐん大きくなるから育て甲斐があります。
でもあまり大きくなるとそれはそれで場所をとってベランダを圧迫するのが困る~。(嬉しい悲鳴・・w) 
今年も懲りずに赤系紫陽花の土で植え替えようと思っているので、来年こそはちょっと赤っぽい花が見たいなー



昨年相模原北公園に行った時に見たお多福紫陽花
これを見て可愛いなぁ・・と思って我が家にもお迎えしたのです。


お多福1706外



これはほんのりピンクがかっていますよね~(^^)


でも、青い紫陽花も大好きなのでいいんですけどね☆
結局、紫陽花はどんな色も美しいと思います。紫陽花大好き!




[ 2018/06/21 ] 植物 | TB(-) | CM(1)

ラオス 「布あれこれ展」

ここのところラオスづいていますが、先日はこちらの展示会に出かけてきました。


ラオス180601k



ラオス在住の富田紘子さんがプロデュースされた手織りの布、洋服、アクセサリー、雑貨などの展示会でした。


ラオス在住時よく目にした懐かしい物たち


ラオス180601a



ラオス180601b



ラオス180601e



ラオス180601j



ラオス180601i






ラオス180601c


ラオス180601d



今回お嫁にいただいてきたもの


手紡ぎコットンの四角い布
このざっくりした布が大好きなんです



ラオス180601g



全色欲しいくらいでしたが、ぐっと我慢してこの3枚。いつもは藍染めを選ぶことが多いのですが、今回は私には珍しいグリーンとグレー。草木染なのにこんなに鮮やかなグリーンになるんだ・・と新鮮だったので。
グリーンは「藍染め×マンゴーの木の葉」、グレーは「グアバの木の葉×泥」で染められているそうです。
もう1枚はトリコロールカラーの1枚。素朴で可愛い。


タグの「coi(ラオス語で私の意)」はモン族の方たちの手刺繍


ラオス180601h


竹細工の道具入れ(燻しの香りが心地よい)
お裁縫道具を入れようと思います


ラオス180601f



やっぱりラオスの手仕事、大好きです!




***** おまけ *****


展示会を見に行く前に一人ランチ


ベトナム1806


意図したわけではないのだけど、なんとなくアジアに引っ張られベトナム料理を食べました。春巻き系が食べたかったのでこのセットにしましたが、フォーの量が想定外に多くて少し残してしまいました。(私とあろうものが!笑) 鶏肉も大きいのがガッツリ入っていて、とても美味しいフォーだったので残すのは残念だったなぁ・・。ごめんなさい。店員さんも料理人もたぶん皆ベトナムの方達だと思います。店内にベトナム語が飛び交っていました(^^)

美味しかったです。ご馳走様でした!
[ 2018/06/12 ] ラオスの布・雑貨 | TB(-) | CM(2)

ラオスフェスティバル 2018 in 代々木公園

先日の土曜日、代々木公園で開催されていた「ラオスフェスティバル 2018」に、ラオス時代の友人3人と待ち合わせ、出かけてきました。 


ラオスの楽器の演奏にあわせ楽しそうに踊るラオスの方々

ラオフェスb


たぶんラオシルクであろう美しい衣装を身に着けたラオスの方。
お願いして写真を撮らせていただきました。素敵な
シンだなぁ~。


ラオフェスd


会場で配っていた数量限定の「ラオスうちわ」


ラオフェスf



日本の伝統工芸品「丸亀うちわ」の技術で作られた「ラオスうちわ」。ラオスで竹の扱いに慣れた人々に新たな竹製品としてうちわ製作、販売、デザインなどを研修して彼らの収入向上に貢献しようとするプロジェクトがあり、その研修生のラオス人によって作られたうちわだそうです。


色々なラオフード

ラオフェスaa


私達は「カオソーイ」という米粉でできたヌードルとカオニャオ(もち米 ラオスの主食)、ラープ(肉とハーブを和えたもの)などを食べました。美味しかったです



今回の戦利品たち

ラオスの塩

ラオフェスe


この塩、まろやかでとても美味しいです。お値段も安い!

「ラオスは海がない内陸国です。採取される塩は岩塩だと考えられがちですが、驚くことに「ラオスの塩」は岩塩ではないのです。約4億年前には海底だった土壌に長い間時間をかけて雨水などがしみこみ、その結果、地下深くのところに潮溜まりができました。この層から濃い塩水をボーリングで汲み上げて天日または釜炊きで乾燥させ製塩した塩なのです。古代から地下に眠っていた成分から作られた塩、まさに“太古の塩”と言えるでしょう」

「ラオス商店」のHPより抜粋


珈琲ドリップパック

ラオフェスc


日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、ラ
オスは珈琲の産地。結構美味しい珈琲があるのです。ここのは今回初めて知りました。まだ新しい所みたいで、このドリップパックも売っていたのではなく、寄付として50円払うと1パックもらえるというものでした。(50円でいいの??って感じですが 汗)


LAODI社のラム酒(梅)

ラオフェスg


「無農薬で育てたさとうきびの一番搾り汁だけで作ったピュアシュガーケインラムにチェンマイの標高1300Mで育った日本の古木梅の実だけを漬け込んで作ったとても贅沢なお酒」・・だそうです。
試飲したらとても美味
しかったので購入。

「LAODI」は、第二の人生をラオスでのラム酒製造にかけた“日本のおっちゃん“が創立した会社です。
真面目にコツコツ丁寧に美味しいラム酒を作っています。(HPはこちら→)ネットでも買えますのでぜひ検索してみて下さいね!



ということで、今年のラオスフェスティバルも満喫しました。友人たちとは久々の再会だったのですが、昨日まで一緒にいたかのような一体感。モンゴル時代の方達もそうなのですが、赴任時代の友は同志のような感じで、いつ会っても変わらず心地良い時間を過ごせます。この日も、楽しくて楽しくてしゃべり倒してしまいました。(笑) 久々のラオス三昧、良き1日でした(^^)




***** おまけ *****


余談ですが、ラオフェスの記事をFaceBookにもアップしたら、LAODI社のラム酒の写真に「木蓮」さんという方がコメントして下さいました。木蓮さんはフランス在住の人気ブロガーさんで、私もとても憧れている方です。あるご縁から繋がって、FaceBookのコメントなどでたまにやりとりさせていただいたりしています。

今回、LAODI社のことを木蓮さんも応援しているとのことで、「なんで?!」と思ったら、少し前にパリで開催されていたラム酒フェスティバルにLAODI社さんが参加されていて、そこで木蓮さんはLAODI社の創業者の方と色々語り合い、共感し、ご自身もLAODI社さんを紹介する記事をアップしていたというのです。木蓮さんの記事は欠かさずチェックしているはずなのに、何故かその記事だけ見逃していた私・・(^^;)慌てて見直してみたらありました!もう、びっくりです。ラオスのラム酒で木蓮さんと再度つながるとは!!そう言えば、ラオフェスでラム酒を販売していた方が「パリの方達にも美味しいって言っていただいたんですよ~!」と話されていたのですが、ラム酒フェスティバルのことだったんですね。

木蓮さんは昨年著書も出されていて発信力も高いので、そんな方が応援して下さるのはとても心強いです。「ラオスのためにも一緒にLAODI社を応援しましょう!」と言って下さってとても嬉しかったです。


木蓮さんの著書 

木蓮1



木蓮さんが撮られた美しい写真と、ぐいぐい引き込まれる内容の素敵な本です


帯を取るとこんな表紙。美しい・・。

木蓮2



木蓮さんのブログはコチラ→

WEBはコチラ→



以前フランスから送っていただいたポストカード(写真は木蓮さん撮影)

木蓮5



木蓮3


木蓮4



こんな感じの素敵な写真が本にはたくさん載っています




もし良ければ皆さんも御手にとってみて下さいね☆
(ちなみに、木蓮さんの回し者ではありません。いちファンです。笑)
[ 2018/05/31 ] お出かけ | TB(-) | CM(8)

メウのお仕事

うちのメウさん、昔から孤高でどこかちょっと神秘的な猫。
普段は触られるのが苦手で抱っこされるのも大嫌いなのに、娘が熱をだしたり、私が体調を崩して寝込んでいる時は必ずピタッとベッドで寄り添って眠る。なのでうちではメウのことを「守り猫」と呼んでいる。

他にも時々、いつもはほとんど入っていかない娘の部屋で、ひとりじっとベットに居座っている時がある。そんな時私たちは「あ・・。メウさん除霊してる」「なんかいるんだ」と話す。最初は冗談で言っていたけれど、メウがそういう行動をとるときって、実際なんとなく娘の調子が悪く、部屋にも良くないものがいそうな感じがして、だんだん私たちの間では本当のことのようになっている。


メウ180515a




そんなメウが、昨日またその力を裏付けるような行動をとった。
メウは夫のことがあまり好きではないらしく、夫に全くと言っていいほど体を触らせないし、メウのそばに夫が寄るだけで逃げてしまうような状態なのだけど、なんと昨日、夫のベッドでメウが一晩中一緒に寝ていたというのだ。
確かにメウは夫が仕事に行っている昼間もずっと夫の部屋にいたのだが、夫がそばにいる状態で一晩中メウが一緒に眠るなんてことはあり得ない!
こんなことは前代未聞。メウを飼い始めてから初めてのこと。
「えー?!なんで??」と思ったけど、ハタと思い至ったのはやはり除霊。


実は夫、一昨日カンボジア出張から帰国したばかり。
で、カンボジアのホテルで起きたちょっとした出来事を私に話してくれた。
本人は「霊的な感じはしなかったけど・・」というものの、その話を聞いた私は「いやいやいや、怖い怖い怖い!!」という感じだった。(詳細は端折りますが)カンボジアといえば色々あった国なので、そういうものがウヨウヨいてもおかしくない。もしかしたら夫はカンボジアから何か連れてきちゃったのかもしれない。それを払うためにメウは夫にくっついていたのでは・・?と思う私と娘なのでした。



今朝、夫の部屋からでてきたばかりのメウ


メウ180515b




「は~、一仕事終えた」・・・という風情に見えるのは私だけ? 

 
[ 2018/05/15 ] にゃんこ | TB(-) | CM(2)

ベランダ植物 その後 ~その他植物編~

チューリップ以外のベランダ植物の様子を、今さらながらにアップします(^^;) 
もう全てすっかり終わってしまって、ホントに今さら・・ではありますが、
備忘録も兼ねているのでご容赦ください。



芳香白房咲き水仙「ペーパーホワイト」

3月23日

水仙180323b


カップ咲き水仙「デコイ」

4月3日 


デコイ180403 


白房咲き水仙「エイリッチャー」

3月29日

エイリッチャー180329


「旭山桜」

3月29日

旭山桜180329a


旭山桜180329b


4月1日

桜180401a




桜180401b


桜180401c 

4月4日

桜180404a


桜180404b


「姫ウツギ」

3月23日

姫ウツギ180323aa


姫ウツギ180323b


4月7日

姫ウツギ180407a


姫ウツギ180407b

4月16日

姫ウツギ180416a


姫ウツギ180416b


4月19日

姫ウツギ180419a


姫ウツギ180419b


4月27日

ピンクのカタバミもいい感じに咲いてます(^^)

姫ウツギ180427



クレマチス「美佐世」

2017年11月
こんな枯れ枝状態から・・・


クレマチス1711 

2018年4月17日
こんなに元気に葉が茂ってくれました

クレマチス180417a

ふっくらした蕾も!

クレマチス180417b


クレマチス180417c


4月23日
咲きました!顔が見えないので無理やりこちらを向けてみた・・・笑

クレマチス180423a


4月25日 雨にそぼ濡れるクレマチス

クレマチス180425a


4月27日
去年はあまり咲かなかったけど、今年は結構咲いたな~(^^)

クレマチス180427


ツルニチニチソウにも花が咲きました。この1輪だけだったけど・・(^^;)

ツルニチニチソウ180417




チューリップが終わったのでネモフィラを植えました

4月23日

ネモフィラ180423


「ムラサキシキブ」と「お多福紫陽花」

4月29日

ムラサキシキブ180429


お多福紫陽花に花芽!

お多福180427


「オステオスペルマム」

3月23日

オステオスペルマム180323a


4月6日

オステオスペルマム180406


4月8日

オステオスペルマム180408


4月23日

オステオ180423a


オステオ180423b


去年、自分用に買った母の日ギフトのアンスリウム。
大きくなったので植え替えました。

アンスリウム180422


ちなみに届いたときはこれくらい

アンスリウム170424


昨年秋にお迎えした「ヒペリカム」
無事に冬を超え、順調に開花中。

4月29日

ヒペリカム180429


5月6日
パッと明るい黄色 元気が出る色

ヒペリカム180506b


おしべが長くて面白い花です
このあと実がついて、よく花屋で見かける姿になりますね。

ヒペリカム180506a


新しくお迎えした子たち

4月22日

八重咲カリブラコア「ティフォシーダブル アンティークシリーズ」

寄せ植え180422b


100円で投げ売りされていたバーベナ2色を綺麗に整え、他の店で買ったベルフラワーと寄せ植え
処分品とは思えない可愛さで咲いてくれています。


寄せ植え180422a


八重咲ペチュニア「湘南ローザヴェルデ」と
見元園芸の寄せ植えから挿し木して育てた「シレネ・ユニフローラ」を寄せ植え


湘南180422a



写真の羅列でしたが、これにてベランダ備忘録は一段落です。

次は紫陽花やムラサキシキブのご報告になるかな~




***** おまけ *****


ごはんが欲しくなると食器の前にじーっと座り無言のプレッシャーをかけてくるメウ
(でも、さっき食べたばかりだからあげないよ!)




メウ180421a


ニャーニャーないてアピールしてくるマロンとは真逆で全くなきません。
ただひたすらにじーっと待ってる。

メウ180421c



うるさくなかれるより、むしろこの方が圧が強い・・・笑


メウ180421b




ずっと続く圧に耐え切れず、結局ちょっとだけ追加であげてしまう私なのでした・・


ちょっとだけ!ちょっとだけだからねっ(--;)




[ 2018/05/10 ] 植物 | TB(-) | CM(0)