2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03





燃え盛る食器熱  ~ 九谷焼 ~

小皿のセットを2組も購入したのだからもう十分なはず!・・と自分を叱咤するもとまらない食器熱。
燃え盛る食器熱(笑) 昔は九谷焼とか全く興味がなかったのに、年をとると趣味嗜好も変化するということなのでしょうね。この緻密な手仕事にぐっと心を掴まれました。


九谷焼 中皿 皿揃絵変わり5枚 
九谷陶和社製

九谷陶和1


またまた鳥さん柄・・ではありますが、こちらは前回とは全く趣が違います


九谷1a



九谷1b


縁の模様も素敵

九谷1c



九谷1d


九谷1e


九谷焼独特の盛り絵具技法(上絵付)


九谷2f


九谷陶和社は社長さんを始め、ほとんどが女性スタッフだそうです。HPによると「繊細な手作りの伝統工芸品。あたたかみのある陶器のぬくもりをお届けします。九谷陶和社の作品はほとんど女性スタッフの手で生み出されています。女性ならではの感性で作られる新しい九谷焼に触れてみてはいかがでしょうか?」とのこと。確かに、とても丁寧な手仕事で飾っておきたいくらい綺麗なお皿です。


九谷焼 北山堂 銘々皿


九谷北山1



九谷2d


九谷2e



九谷2c




九谷2b



九谷2a



写真では大きさがわかりづらいですが、小皿ではなく13㎝角なので結構大きいです。色々使えそう。
上の鳥さん柄の九谷焼とはまた違った雰囲気で、少し素朴な感じがします。(個人の見解です)
お皿の質感のせいでそう感じるのかな。こちらはとてもお安く買うことができてラッキーでした。申し訳ないくらい。外箱はかなり古かったですが、お皿自体は綺麗なので全く問題ありません。

鳥さん柄のお皿も、中古品とはいえ未使用品なのでほぼ新品。このお品は結構競合したので、値段がどんどん上がったのですが、ネットショップで定価で売っていたものに比べるとかなりお得に買えました。どうしても欲しかったので落札出来て満足です。


それにしても人の好みってわからないものですね。伊万里焼にも九谷焼にも全く興味がなかったのに、ある日突然ぐっと心を掴まれるものに出会う。私が唯一持っている、九谷焼の「あるもの」を買った時は「好きだから」とか「欲しいから」というよりは、どちらかというと使命感のような気持ちが働いての購入。(それも変な話ですが・・^^;)今回は純粋に、このお皿たちにとても惹かれ、とても欲しくて買いました。


何度も言いますが、本当に大満足です。怒涛の落札にちょっと罪悪感はあるのですが、後悔はありません。お値段的にも品質的にもとても良いお買い物ができたと思います。(だから「買いすぎ!!」って責めないでください~~ 笑)
以上、「燃え盛る食器熱無事に鎮火の巻」でした。w 

長々お付き合いいただき有難うございました。m(__)m


ちなみに私が唯一持っている九谷焼の「あるもの」はコチラ


[ 2018/02/20 ] 布・雑貨いろいろ | TB(-) | CM(3)

久々の食器熱

少し前、新しい小皿が欲しくて色々物色していました。ネットで新品を探していたのだけどなかなかピンとくるものがなくて、なんとなくのぞいたヤ〇オクで心惹かれるものを発見。
古い伊万里とのことで(どれだけ古いのかは不明)新品のような輝きはないけれど、欠けや割れはなくなかなか綺麗な状態。無事に落札し実物が届いたらイメージ通りの可愛さ。


届いたお皿がコチラ


伊万里1a


5枚の揃いだけど、手描きだから1枚1枚微妙に馬の顔が違ったりして愛らしい。金が入っている割には、色合いも優しいので普段使いにどんどん使う予定です。


伊万里2a



そして、久々にヤ〇オクを見たことで、私の食器熱に火がついてしまいました・・・(^^;)
必要な小皿は一組だったはずなのに、気づけば他の物もウオッチ中。そしてまた落札。w


ヤ〇オク戦利品第2弾 
有田焼の小皿5枚セット

有田焼1


ゆるい鳥さんと藍色がツボ

有田焼2



こちらは自宅保管の未使用品ということで、箱は古かったけれど皿自体は問題なく綺麗。深川製磁という会社の物で、この会社を検索してみたら、明治27年創業、明治33年のパリ万博に出品した大花瓶が最高金賞を受賞したり、明治43年には宮内省御用達も受けている老舗企業でした。

ちなみに今はもう「宮内庁御用達」って、制度としては廃止(昭和29年に)されているので、歴史的事実として表示するような場合を除き使えないそうですね。今回調べて初めて知りました。
ひょんなところから知識が増えるものですね(笑)

先の伊万里のお皿は金が入っているので電子レンジが使えません。こちらはレンジも大丈夫なので、より普段にガンガン使えそうです


どちらもとても気に入って、大満足のお買い物。これでお買い物終了・・・のはずだったのですが、ヤ〇オク物色の癖がつき、またまた欲しいものを見つけてしまった欲深い私。
燃え盛る食器熱が消えません(@@)




ということで、まだ続くヤ〇オク戦利品シリーズ。
次回も呆れずにお付き合いいただけると幸いです・・・。



あしからず m(__)m




***** おまけ *****


最近のメウのお気に入り


メウ180205



猫クッションに入る・・・のではなく

それに寄り添って眠る 笑

[ 2018/02/17 ] 布・雑貨いろいろ | TB(-) | CM(4)

技術の進歩

前記事に載せたモンゴルの白黒写真、白黒をカラー化するフリーソフトというもので色を付けてみました。



モンゴル色



白黒の時とはまた印象が違いますね。



それにしても、草原や羊の色はまぁいいとして、子ども達の上着の色が両方ともあっているということにびっくり! どうしてわかるのか本当に不思議。なんでもAI技術を用いているらしいです。(説明のところには何か難しそうな数式が色々書いてありましたが、私にはもちろん理解できず 笑)



いやー、技術の進歩はすごいなぁ・・と、ただそれだけのお話しでした。笑



[ 2018/02/15 ] モンゴル | TB(-) | CM(0)

懐かしのモンゴル写真

モンゴル在住時に夫が撮りためたフイルム写真をデジタル化したので、 久々に懐かしい写真を沢山見ました。在住時はそれが日常で、そんなに特別なこととは思っていなかったけれど、今見るとこの写真スゴイな・・・(^^;)と思うものが色々。今日はその写真の中の1枚をご紹介。もともと白黒フィルムで撮ったものなので、デジタル化後も白黒のままにしてあります。


モンゴル羊


広い草原に放牧されている羊。その草原を一緒に駆け回る我が家の娘(右)と、同じく赴任していた日本人の娘さん(左)。確か3歳の時だったと思います。なかなかできない経験ですよね 笑 
大変なことも色々あったけど、良い思い出も沢山。モンゴル時代一緒だった方達とは今も交流が続いています。


モンゴルで飼っていたウサギの「うさ」
伸ばした足が可愛い(^^)

伸びうさ



モンゴル在住時に住んでいたマンションの大家さんが農園を営んでいる方でした。畑の他にドイツ肉屋に卸すためのウサギを育てていたのですが、ある日、生まれた子ウサギの中の1匹を、娘のペットにどうぞと持ってきてくれたのです。お肉にされるところを命拾いした我が家の「うさ」。もともと野生のウサギの子のせいか、運動能力が高くとても賢い子でした。家の中に放している時、姿が見えないので名前を呼ぶと「呼んだ?」みたいな感じでひょこっと顔をだしたり、私が床にうつ伏せに寝転がって腰のあたりをポンポンとたたくとピョンと腰に乗ってきたリ、本当に可愛かった~ 

上の写真は2階に続く階段を(マンションだけど2階のある部屋だった)ダッシュで駆け上ったり駆け下りたりするのを何度か繰り返した後に休んでいる写真です。うさは時々、まるでトレーニングのように階段を上り下りしていたんです。私と夫は、野生の勘を失わないように日々精進してるのでは?と噂していました。笑

久々に懐かしい写真を見て、当時のことを色々思い出しました。「こんなことしたね」「あんなことあったね」と家族でしばしモンゴル談議に花が咲き、楽しいひと時を過ごしました。娘はもう忘れてしまっていることもありましたが、そんなこと覚えてるんだ!ということもあって面白かったです。




***** おまけ *****


そんな娘も今年成人を迎えました。


成人



時の流れは早いですね。

[ 2018/02/12 ] モンゴル | TB(-) | CM(8)

今月の手ぬぐい (2018年2月)

 2月になったので手ぬぐいをかけ替えました。


中村幸代さん 「幼き竜の子」


手ぬぐい201802a



中村幸代さんの手ぬぐいは何枚か持っていて、彼女のデザインが好きです。(過去記事はコチラ→ ) この手ぬぐいは最近買ったもの。まだ2月だけど、ちょっと春を先取りな感じで今月の手ぬぐいはこれにしました。ちなみに、この手ぬぐいは「にじゆら」の染工場ナカニさんが染めたものだそうです。


***** おまけ *****


マロンさん、床暖が暖かいからといって
開きすぎですよ


マロン180205c


カマキリみたいな手とシャキーンの足は面白いけど

マロン180205b 


その恰好は如何なものかと・・・笑

マロン180205d



[ 2018/02/06 ] 布・雑貨いろいろ 手ぬぐい | TB(-) | CM(0)