2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10





LYB豚を味わう会  生産者さん来店スペシャルディナー

GW中の話になりますが、恵比寿のル ビストロ(前回訪れたときの記事はコチラ→)で開催されたスペシャルディナーに夫と参加してきました。

ビストロ170430a


ビストロ170430b


ビストロ170430r


LYB豚とは富士農場サービスグループによって作出されたブランド豚で、L(ランドレース)Y(ヨークシャー)B(バークシャー)の3品種を掛け合わせた豚です。肉質がきめ細かく柔らかいのと、脂肪融点が32度と通常の物(38・5度くらい)に比べ低いので、脂身の口どけが良く甘みがあるとのこと。この日は、富士農場サービスグループ代表の桑原 康さんがいらっしゃっていて、スライドを使っての色々なお話を聞くことができ、豚肉についての知識も深まりました。


ビストロ170430s


桑原さんは養豚農家の3代目で、“家畜人口受精師”と“獣医師”の資格を持ちながら、豚のブリーダーとして日本トップの実績を持つ養豚界の第一人者。また、豚の人工授精や品種改良に関する世界的権威というすごい方です。富士農場サービスは日本で唯一(桑原さん曰く世界で唯一かも・・とのこと)すべての原種豚を保有している農場とのこと。

そんなすごい方なのですが、とても気さくで冗談などもとばしながら、豚肉について色々説明してくださいました。また、桑原さんは私の大好きな「職人臭」がプンプンしていました。地道に焦らず労を厭わず、また妥協せず、コスト重視ではなく品質重視。口で言うのは易しですが、とても大変なことだと思います。でも、その心意気にいたく感動しました。何より、桑原さんがとても楽しそうにお仕事をされているのが印象的でした。

富士サービス農場の豚肉は、血統書つきの犬や猫と同じく、全て父豚、母豚が明記された証明書がついています。雄大な富士山の麓で、厳しく衛生管理された美しい農場で育っている豚さん達。(上の写真に写っているのが農場)美味しくないわけがないなぁ・・と思いました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよお料理のご紹介です。上記のメニューに加え、飲み物もフリードリンクで本当にお得な会だったと思います。(全部込みで1人6,000円)


飲み物メニュー

ビストロ170430u


ビストロ170430t


ただ非常に残念なことに、この日私は体調が今一つで(とても楽しみにしていたのに!!)、ワインは最初のスパークリングだけであとはずっとウーロン茶(TT) 夫が飲んでいる赤ワインやロゼなどを味見に一口もらう・・といった程度でした。もともとお酒はほとんど飲まないので強くないのですが、この美味しいお料理にはぜひともワインをあわせていただきたかったなぁ・・と、そこだけが悔やまれます。それでも、お料理は全部美味しくいただくことができたので結果オーライですが。(^^)


乾杯の1杯目

ビストロ170430c



グリーンピースのスープ

ビストロ170430d


ル ビストロ特製シャルキュトリーの盛り合わせ
(パテ ロースハム)

ビストロ170430e


ビストロ170430f 

この日の会は「LYB豚を味わう会」と銘打たれていましたが、LYB豚の他にとても珍しく貴重な満州豚という物も出され、両方の品種を食べ比べてみるという趣向も凝らされていました。(返す返すもお得な会でした)黒い皿が満州豚、白い皿がLYB豚です。ちなみにこの量は4人前。他の二人組の方と相席で4人でシェア。(同年代くらいの男性二人組)

説明によると、満州豚は中国の希少品種でもとは黒い猪。LYB豚が優しく女性的な味なのに比べ、男性的で濃厚な味とのこと。ただ、脂肪融点は満州豚の方が低く(30度)口どけはこちらの方が良いらしい。


ゆのさや農園野菜の盛り合わせ もろみ味噌マヨネーズで
LYB豚のリエット

ビストロ170430g 


お野菜もとても美味しかったし、もろみ味噌マヨネーズが豚肉で脂っこい口をサッパリさせてくれて良かったです。このドレッシングにすっかりハマってしまって、最近家でもよく作っています。(もろみ味噌とマヨネーズを混ぜるだけですが 笑)
LYB豚のリエットは安定の美味しさで、バゲットにつけて食べました。

富士農場協賛 セレ豚モモ肉のハム(鎌倉ハム)

ビストロ170430l



ビストロ170430k


ビストロ170430i


ル ビストロさんでは自家製のハムやベーコン、ソーセージなども作っていますが、このハムは富士農場さんのセレ豚を使って鎌倉ハムさんが作ったもの。ドドーーンと立派なモモを見せていただきました(^^) セレ豚は満州豚と原種の豚をかけあわせた豚さんです。
ちなみに「セレぶー」と読むようですよ。笑 LYB豚(ルイビトン?)といいセレぶーといい、富士農場さんのネーミング、シャレがきいてて面白いですね。

ル ビストロさん製はこんな感じ

ビストロ170430o

シェフの大和田さんも写ってます

ビストロ170430p


自家製ベーコン2種(LYB豚 純血満州豚)

ビストロ170430h


脂身が多いベーコンですが、良い豚を使っているため脂がくどくありませんでした。どちらも美味しかったです。このあと「ゆのさや農園」のグリーンサラダも出たのですが写真を撮り忘れました。ベーコンで脂ギッシュになった口をさっぱりさせてくれる心遣いが嬉しい。

サラダに続きお口直し ゆのさや人参のアイス

ビストロ170430j


この日は豚豚豚づくし・・・なのでシェフも色々考えて下さったようで、ガッツリメインの前に一呼吸。さっぱり人参アイスでお口直しです。さぁ、いざメインに突入!


LYB豚 純血満州豚の炭火焼き食べ比べ(ロース 肩ロース)

ビストロ170430m


ビストロ170430n


白い皿がLYB豚、黒い皿が満州豚です。メインにたどり着く前にすでにかなりお腹一杯だったのですが、ここにきてこのボリューム。どーーーん!お腹キツイです・・・。でもホント美味しい!
豚そのものもさることながら、焼き加減、塩加減が絶妙。

そういえば生産者の桑原さんが各テーブルに挨拶に来てくださったのですが、その時に豚の一番おいしい部位は「前足」だと仰ってました。よく動かすのでそこが美味しいのだそうです。前足ということは肩ロース・・?なのかな?確かに、私は肩ロースが一番好きです。


モンバジャックゼリーとフルーツ

ビストロ170430q


「モンバジャック」って何ぞや?と思ってググったら、フランス南西地方モンバジャック地区産の甘口白ワインでした。アペリティフやデザートワインとして飲まれるようです。このデザートにはミントなども入っていて、口をサッパリさせてくれるものでした。
デザートの後、最後にコーヒーを飲んで今日のお料理はすべておしまい。大・大・大満足の会でした。

お料理はもちろんなのですが、このお店はスタッフの方が本当に気持ちが良い。この日も、その場にいる皆さんが和やかに暖かく、うち解けた雰囲気でお料理を楽しめていました。私達も、知らない方との相席でしたが(1テーブル4人でシェアと書かれていたので、2人で参加する場合は相席と参加前からわかっていました)、お互い気を使いつつ和やかに、美味しいお料理を一緒に堪能しました。やはり、美味しいものは楽しく気持ちよく食べるに限りますよねー。



夏ごろにまた別のイベントが企画されるようです。
都合が合えばぜひ参加したいと思います。




***** おまけ *****


母の日のプレゼントということで、
娘がバナナチョコマフィンを作ってくれました。

マフィン170514 

とても美味しかったよ。サンキュー、娘
関連記事
[ 2017/05/14 ] お出かけ | TB(-) | CM(2)

どこから何を書こうか迷うわ。
お店、またいろいろとサーチしてチェックしちゃった。
本当においしそうだね。
それよりも、一緒にける旦那さんや母の日におやつを焼いてくれる娘…、うれしいね、幸せだね。
[ 2017/05/16 02:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Namiheyさん ♪

Namiheyさんも絶対気に入ると思うから、ぜひぜひ一緒に行きたいお店です。
美味しいものを食べつつたくさんおしゃべりしたいなぁ!早く帰国して~!!
そういえば、昨日ラオス仲間Aさんと横浜にお花めぐりに行ったの。
Aさんも同じように「早く帰国してと伝えて」だって。(まぁ、そう言われても、自分で決められるわけではないけれどね・・汗)
また皆でいつかの時のように、ワイワイと集まりたいね。

最近娘はお菓子作りにハマっているらしく、よく作ってくれます。
数をこなすごとに手際も良くなってきて、継続は力なりという言葉を思わせます。v-410
[ 2017/05/17 14:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する