2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06




最近のにゃんず

しばらくにゃんずの写真をアップしていないなぁ・・と思い、今日はただひたすらに猫写真です。しばしお付き合い下さいませ。 

キリン ゾウ マロン・・・ 笑

マロン170421a 

そんな狭いところによく乗るね。

マロン170421d


しかもひとっ飛びで乗るには結構高いよね。

マロン170421b


「ニャにか文句でも?」

マロン170421f 

いいえ、別に・・・(^^;)でも、鉢植え落とさないでね。

マロン170421e


メウさんは安全な場所で気持ち良く寛ぎ中

メウ170510a

すよすよ~

メウ170510b


マロンだって高いところだけじゃないよ。

マロン170512a 

ん?そんなところにいたの?
一応隠れてるつもりかなぁ・・?

マロン170512b 


今度はそんな所に。何してるの?

マロン170511b 

「お母さんの水やり、監視中にゃ。」


マロン170511a 


窓の外が気になるメウさん。


メウ170512i 

にゃんずのクッションを洗って干したのですが、
風でひらひら揺れるのが気になるらしい。


メウ170512j 

しかも、ただ気になるというよりはおっかなびっくりな感じ。
何か毛の生えた生き物っぽく見えるのかな?


メウ170512l 


「お母さん、あれ、にゃに?」

・・メウのお気に入りのクッションなんだけどね


メウ170512k 

ちょっとへっぴり腰 笑

メウ170512m 


猫草を食べるマロン

メウマロン170512a 

順番待ちのメウ。

メウマロン170512b 

やっと順番がまわってきた。

メウマロン170512c 

まだ近くにいるなぁ・・。

メウマロン170512d 

よし。いなくなった。

メウマロン170512e 

はぁ~、美味しい。

メウマロン170512f 

ハグハグ

メウマロン170512g 

んー。満足。

メウマロン170512h 



なんてことない猫たちの日常でした。

[ 2017/05/20 ] にゃんこ | TB(-) | CM(4)

LYB豚を味わう会  生産者さん来店スペシャルディナー

GW中の話になりますが、恵比寿のル ビストロ(前回訪れたときの記事はコチラ→)で開催されたスペシャルディナーに夫と参加してきました。

ビストロ170430a


ビストロ170430b


ビストロ170430r


LYB豚とは富士農場サービスグループによって作出されたブランド豚で、L(ランドレース)Y(ヨークシャー)B(バークシャー)の3品種を掛け合わせた豚です。肉質がきめ細かく柔らかいのと、脂肪融点が32度と通常の物(38・5度くらい)に比べ低いので、脂身の口どけが良く甘みがあるとのこと。この日は、富士農場サービスグループ代表の桑原 康さんがいらっしゃっていて、スライドを使っての色々なお話を聞くことができ、豚肉についての知識も深まりました。


ビストロ170430s


桑原さんは養豚農家の3代目で、“家畜人口受精師”と“獣医師”の資格を持ちながら、豚のブリーダーとして日本トップの実績を持つ養豚界の第一人者。また、豚の人工授精や品種改良に関する世界的権威というすごい方です。富士農場サービスは日本で唯一(桑原さん曰く世界で唯一かも・・とのこと)すべての原種豚を保有している農場とのこと。

そんなすごい方なのですが、とても気さくで冗談などもとばしながら、豚肉について色々説明してくださいました。また、桑原さんは私の大好きな「職人臭」がプンプンしていました。地道に焦らず労を厭わず、また妥協せず、コスト重視ではなく品質重視。口で言うのは易しですが、とても大変なことだと思います。でも、その心意気にいたく感動しました。何より、桑原さんがとても楽しそうにお仕事をされているのが印象的でした。

富士サービス農場の豚肉は、血統書つきの犬や猫と同じく、全て父豚、母豚が明記された証明書がついています。雄大な富士山の麓で、厳しく衛生管理された美しい農場で育っている豚さん達。(上の写真に写っているのが農場)美味しくないわけがないなぁ・・と思いました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよお料理のご紹介です。上記のメニューに加え、飲み物もフリードリンクで本当にお得な会だったと思います。(全部込みで1人6,000円)


飲み物メニュー

ビストロ170430u


ビストロ170430t


ただ非常に残念なことに、この日私は体調が今一つで(とても楽しみにしていたのに!!)、ワインは最初のスパークリングだけであとはずっとウーロン茶(TT) 夫が飲んでいる赤ワインやロゼなどを味見に一口もらう・・といった程度でした。もともとお酒はほとんど飲まないので強くないのですが、この美味しいお料理にはぜひともワインをあわせていただきたかったなぁ・・と、そこだけが悔やまれます。それでも、お料理は全部美味しくいただくことができたので結果オーライですが。(^^)


乾杯の1杯目

ビストロ170430c



グリーンピースのスープ

ビストロ170430d


ル ビストロ特製シャルキュトリーの盛り合わせ
(パテ ロースハム)

ビストロ170430e


ビストロ170430f 

この日の会は「LYB豚を味わう会」と銘打たれていましたが、LYB豚の他にとても珍しく貴重な満州豚という物も出され、両方の品種を食べ比べてみるという趣向も凝らされていました。(返す返すもお得な会でした)黒い皿が満州豚、白い皿がLYB豚です。ちなみにこの量は4人前。他の二人組の方と相席で4人でシェア。(同年代くらいの男性二人組)

説明によると、満州豚は中国の希少品種でもとは黒い猪。LYB豚が優しく女性的な味なのに比べ、男性的で濃厚な味とのこと。ただ、脂肪融点は満州豚の方が低く(30度)口どけはこちらの方が良いらしい。


ゆのさや農園野菜の盛り合わせ もろみ味噌マヨネーズで
LYB豚のリエット

ビストロ170430g 


お野菜もとても美味しかったし、もろみ味噌マヨネーズが豚肉で脂っこい口をサッパリさせてくれて良かったです。このドレッシングにすっかりハマってしまって、最近家でもよく作っています。(もろみ味噌とマヨネーズを混ぜるだけですが 笑)
LYB豚のリエットは安定の美味しさで、バゲットにつけて食べました。

富士農場協賛 セレ豚モモ肉のハム(鎌倉ハム)

ビストロ170430l



ビストロ170430k


ビストロ170430i


ル ビストロさんでは自家製のハムやベーコン、ソーセージなども作っていますが、このハムは富士農場さんのセレ豚を使って鎌倉ハムさんが作ったもの。ドドーーンと立派なモモを見せていただきました(^^) セレ豚は満州豚と原種の豚をかけあわせた豚さんです。
ちなみに「セレぶー」と読むようですよ。笑 LYB豚(ルイビトン?)といいセレぶーといい、富士農場さんのネーミング、シャレがきいてて面白いですね。

ル ビストロさん製はこんな感じ

ビストロ170430o

シェフの大和田さんも写ってます

ビストロ170430p


自家製ベーコン2種(LYB豚 純血満州豚)

ビストロ170430h


脂身が多いベーコンですが、良い豚を使っているため脂がくどくありませんでした。どちらも美味しかったです。このあと「ゆのさや農園」のグリーンサラダも出たのですが写真を撮り忘れました。ベーコンで脂ギッシュになった口をさっぱりさせてくれる心遣いが嬉しい。

サラダに続きお口直し ゆのさや人参のアイス

ビストロ170430j


この日は豚豚豚づくし・・・なのでシェフも色々考えて下さったようで、ガッツリメインの前に一呼吸。さっぱり人参アイスでお口直しです。さぁ、いざメインに突入!


LYB豚 純血満州豚の炭火焼き食べ比べ(ロース 肩ロース)

ビストロ170430m


ビストロ170430n


白い皿がLYB豚、黒い皿が満州豚です。メインにたどり着く前にすでにかなりお腹一杯だったのですが、ここにきてこのボリューム。どーーーん!お腹キツイです・・・。でもホント美味しい!
豚そのものもさることながら、焼き加減、塩加減が絶妙。

そういえば生産者の桑原さんが各テーブルに挨拶に来てくださったのですが、その時に豚の一番おいしい部位は「前足」だと仰ってました。よく動かすのでそこが美味しいのだそうです。前足ということは肩ロース・・?なのかな?確かに、私は肩ロースが一番好きです。


モンバジャックゼリーとフルーツ

ビストロ170430q


「モンバジャック」って何ぞや?と思ってググったら、フランス南西地方モンバジャック地区産の甘口白ワインでした。アペリティフやデザートワインとして飲まれるようです。このデザートにはミントなども入っていて、口をサッパリさせてくれるものでした。
デザートの後、最後にコーヒーを飲んで今日のお料理はすべておしまい。大・大・大満足の会でした。

お料理はもちろんなのですが、このお店はスタッフの方が本当に気持ちが良い。この日も、その場にいる皆さんが和やかに暖かく、うち解けた雰囲気でお料理を楽しめていました。私達も、知らない方との相席でしたが(1テーブル4人でシェアと書かれていたので、2人で参加する場合は相席と参加前からわかっていました)、お互い気を使いつつ和やかに、美味しいお料理を一緒に堪能しました。やはり、美味しいものは楽しく気持ちよく食べるに限りますよねー。



夏ごろにまた別のイベントが企画されるようです。
都合が合えばぜひ参加したいと思います。




***** おまけ *****


母の日のプレゼントということで、
娘がバナナチョコマフィンを作ってくれました。

マフィン170514 

とても美味しかったよ。サンキュー、娘
[ 2017/05/14 ] お出かけ | TB(-) | CM(2)

相模大野アートクラフト市 春の市2017 その2 

前回に引き続き、戦利品のご紹介。今日は多肉系です。

「piminoki」さん

流木に多肉。素敵。

大野170423a 

大野170423b 

ワイヤーワークが可愛い
鳥かごみたい。

大野170423d 

反対側

大野170423e 

革タグも素敵です

大野170423c 

piminokiさんではリメ缶も2つ買いました

大野170423z4 


大野170423z5 

そのリメ缶に「-8-  studio」さん(今回出店していた多肉の生産者さん )で買った苗 や手持ちの苗 を寄せたらこんな感じになりました。

大野170423z3 


大野170423z2



piminokiさんみたいに可愛く寄せられないのがちょっと残念だけど、まぁ、良しとしよう。笑 以上、多肉系の戦利品でした。



***** おまけ *****


1月に届いた見元園芸の寄せ植え(これ→)のシレネにお花が咲きました。


5月2日 蕾を発見

シレネ170502

5月4日 開花(^^)

シレネ170504b


シレネ170504a



徳利みたいな形が可愛い☆

相模大野アートクラフト市 春の市2017 その1

先日、毎年恒例の相模大野アートクラフト市に行ってきました。
今回も色々ゲット。相変わらずの私です・・・(--;) 
ということで、戦利品のご紹介いきま~す。 (開き直ってる・・ 笑)


「ステンドグラス MILLE」さん


お手頃価格だったので2つ買っちゃいました。
並べて飾るとより可愛い


大野170423t


寝室のカレンダーの横に。4月はちょうどトリさんだった(^^)

大野170423u 


「UMESHISO工房」さん

鹿

大野170423f 


大野170423h 


大野170423g 

雷鳥(夏毛バージョン)

大野170423j


大野170423i


「陶芸工房 土ん坊」さん

お家その1

大野170423k 


大野170423l


大野170423v

お家その2

大野170423w 


大野170423x 


大野170423y 

このお家は上のUMESHISO工房さんの動物たちと一緒にこうして飾っています。(横長なので写真が小さくなっちゃった。見えづらくてすみません)ちなみに冬の間は同じUMESHISO工房さんのシロクマとウサギをこんな風に・・・(→

大野170423z


「compass」さん

つまみ細工のブローチ その1

素材はリネン

大野170423m

その2 

同じくリネン

大野170423n


その3

これは素材を聞くのを忘れてしまいました。


大野170423s


「IZUMI Fontana」さん

気球ブローチ

大野170423a1



全部掌にちょこんとのるくらいの小さめのブローチです。



「陶竹会」さん

平皿 写真ではわかりづらいけど大きいです
横幅が25㎝くらいあります

大野170423z6

食器としてだけでなく、飾り皿としても使えそう

大野170423z7


「うるわし屋」さん

和紙のポストカード その1

大野170423r

その2

大野170423q

その3

大野170423o

その4

大野170423p


「WOODY CUBE」さん

箸置き

ヒノキとアフリカの木材(名前を聞いたのに忘れてしまいました 泣)を貼り合わせて作ったものだそうです。木の良い香りがします。

大野170423z8




雑貨系の戦利品は以上です。今回も結構買いました・・・汗 この他に多肉系の作品も買ったのですが、写真が多いのでそれはまた後日。


長々お付き合いいただき有難うございました。