2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





相模原北公園の紫陽花 2017

少し前の話になりますが、相模原北公園に紫陽花を見に行ってきました。昨年初めて訪れて、とても気に入ってしまった公園です。
昨年は一人で行きましたが、今年は写真が趣味の夫と二人で行ってきました。 (昨年の記事はコチラ→
昨年同様ちょうどアナベルが見頃で、平日だったので人出も多くなく、心ゆくまで紫陽花を満喫できましたよ(^^) 


入り口付近で最初にお迎えしてくれるピンクアナベル



相模原北170620a 

爽やかなブルーの紫陽花

相模原北170620b 

アメリカ原産のカシワバアジサイ「ハーモニー」
もっこもこですね 

相模原北170620c 

よく見るカシワバアジサイはこれですよね
ちょっとおとなしやか

相模原北170620z1 

西洋アジサイ 「マリンブルー」
色が移り変わって2色になってるのも綺麗

相模原北170620d 

姫アジサイ

相模原北170620e


相模原北170620f


西洋アジサイ「レナータ」


相模原北170620g

西洋アジサイ「ブーフィンク」 

相模原北170620h


西洋アジサイ「センセーション」
ピンクに水色の中心が可愛い(^^)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

相模原北170620i 

 清楚な白ですねぇ・・

相模原北170620z3 

縁取りが美しい「ジャパーニュ ミカコ」

相模原北170620u 


・・・と、夢中で写真を撮っていると、紫陽花の木陰を歩いていくニャンを発見。逃げそうだったので話しかけながらゆっくり近づくと、少し警戒心が解けたのか木のそばにゴロン。

相模原北170620j 


「大丈夫だよ~」「怖くないよ~」「可愛いね~」などなど、まさに猫なで声で話しかけながら写真を撮っているとだんだんリラックスしてきた様子。

「ニャンだ?この人」

相模原北170620k

「怪しいなぁ」

相模原北170620l

「まぁ、でも、害はなさそうだし・・・」

相模原北170620m

「よっこらせっと」 ちょっとサービス
あら、お腹丸出し パッカーン

相模原北170620n 

爪とぎまで披露してくれました(^^)

相模原北170620o 

「ドヤ~」

相模原北170620p 


相模原北170620q 


カメラ目線でポーズとってくれて有難う~!
ちょっとマロンに似てるニャンちゃんでした。


さて、ニャンで和んだところで
メインのアナベルの群生写真を・・・

相模原北170620z4 

今年も圧巻ですなぁ~・・・


相模原北170620z7 


相模原北170620z6 

開花前の若々しいグリーンもいいですね

相模原北170620z2

もちろん、しっかり咲いた白も美しい

相模原北170620z16 


相模原北170620z17


この公園は紫陽花だけじゃなく緑も美しくて癒されます

相模原北170620w 


相模原北170620z8 

木と一緒に咲いている紫陽花が好き

相模原北170620t 

鳥さんもたくさんいました☆

相模原北170620s 


花菖蒲(?)と紫陽花のコラボも・・

相模原北170620x 


相模原北170620v


相模原北170620y 


たっぷりお花を堪能したのでそろそろ帰宅です


出口のあたりに咲いていた「リョウブ」


相模原北170620z9


相模原北170620z10 


初めてみる花だったので、思わず「わぁー、これ何ていう木だろう??」と声が出ました。しばらくそこで見入っていたら、少し前に近くにいて去って行ったおじさまが戻ってきて、「これ、リョウブという木でしたよ。幹に名前が書いてありました」と教えてくれました。わざわざ私に伝えるのに戻ってきてくれたようです。(名札は、ぐるっと回らないと見えないところにかかっていました)おじ様、有難うございました!


真っ白で流れるような姿が美しい

相模原北170620z11


最後のお見送りは北米原産のカシワバアジサイ「バックポーチ」
花は白からピンクに変わるそうです。


相模原北170620z12 


相模原北170620z13

バス停の前にも綺麗なアジサイが・・・

相模原北170620z14 


相模原北170620z15 



最後の最後までお花を堪能できた1日でした。

また来年、行きたいです




***** おまけ *****


我が家の紫陽花は今やっと色づいてきたところ・・

アジサイ170626




今年はいつにも増して遅かったような・・・?年々花数も少なくなってて、葉っぱもちょっと元気がない。このお花が終わったら12年ぶりにバッサリ切って、小さめに仕立て直しをしようかな。


私事ですが、明日から10日間ほど北海道に帰省します。今回は久々に道内のガーデンなどを色々まわる予定ですので、帰宅したら北海道の自然なども順次アップしたいと思っています。しばらく不在にしますがよろしくお願い致します。

[ 2017/07/01 ] お出かけ | TB(-) | CM(0)

ラオスフェスティバル 2017 

先月末の話になりますが、代々木公園で開催されていたラオスフェスティバルに夫と行ってきました。 当日はお天気も良く暑いくらい。結構な人出。2日間で14万人の来場者だったとか・・。

ラオフェス170528f

ちょうどお昼頃についたので、早速ラオス料理を食べますよ~。

ラオフェス170528d


私は大好きなラープ(炒めた肉か魚と野菜、香草などを混ぜ合わせたサラダ?のようなもの。スパイシーです。ちなみに写真のラープムーは「豚肉=ムー」のラープです。)とカオニャオ(もち米を蒸したもの)、夫はラオスセットA(豚串、カオニャオ、麺の炒め物)を選びました。実物の写真を撮らなかったので、看板の写真を参考にしてくださいね。スミマセン・・・ 久々のラオス料理、美味しかったです!
結構本格的でラープは辛かったけど・・(^^;) 

ラオフェス170528b


ラープが辛かったので口直しにココナツマンゴーアイスを食べました。うーん。サッパリする~。ほどよく甘くて美味しい~。後ろの国旗はもちろんラオスの国旗です。国旗の由来は「1975年のラオス人民共和国成立時に制定された。赤は独立闘争で流された血の色を、青は国の豊かさとメコン川を象徴しているとされる。中央の白丸はメコン川に昇る月を表し、共産主義による国の統一を象徴している。Wikipediaより」ちなみにアイスを持っているのは夫ですが、マンゴーがいっぱいのってる方をこちらに向けてもらえば良かった・・・orz (結構ドサッとのってたんですよ) 帰宅して写真チェックをするまで気づかなかった・・残念。


食後はブラブラと出店を散策。見覚えのあるラオス雑貨などの中、
青年海外協力隊OV会ブースで見たことのない象さんをみつけました。


ラオフェス170528n


藍染め布で立派な鞍を付けた象さん。このタイプはラオス在住中見たことがありません。ブースの協力隊OGの方に伺ったところ、ラオス北部のサイニャブリ県で協力隊員指導の下作られているとのことでした。サイニャブリ県は「エレファント・フェスティバル」で有名な県です。


この織りは見たことがあります。とても好き。



ラオフェス170528l

横から見るとこんな感じです

ラオフェス170528k 

耳の形も凝ってますね(^^)

ラオフェス170528m


藍染め布と立派な織りの鞍につられてお買い上げ~。


ちなみに、ラオス在住中よく見かけたのはこういう感じの象さんたち。モン族の方のお店やナイトマーケットで色々な布のものが沢山売っていました。(他の種類もこの記事に載ってます→


ラオフェス170528q 

モン族の手仕事の緻密なキルト布が惜しげもなく使われています

ラオフェス170528r 


ラオフェス170528s 
この種類は様々な色の組み合わせがあって1体1体全部違うので、選ぶのも楽しく、いくつも欲しくなっちゃいます。(実際、私はこの象さん、もっとたくさん持ってます 汗)


モン族の衣装に使われるクロスステッチの布などの象さん


ラオフェス170528t


とてもしっかりした作りで可愛いです。私がラオス在住中は、信じられないくらい安いお値段で売っていました。(今回協力隊ブースで買ったものはそれなりのお値段。)


ラオフェスティバルを満喫し、帰路につきます。代々木公園の中を通って駅へ向かうと緑がいっぱいで癒されました。

ラオフェス170528e 

ラオフェス170528e 

カラスが水浴びしてるのは初めて見ました!
スズメとか鳩とかは見たことあるけど・・・
(これがカラスの行水ってやつか~ 笑)

ラオフェス170528a 

バシャバシャと気持ち良さそう

ラオフェス170528c 


「ヤマボウシ」という名札がありました。
見えづらいですが白い花が沢山咲いています。


ラオフェス170528h 

青空、白い雲、大きな木々

ラオフェス170528g 


う~ん、気持ち良い~。


駅の近くまで戻ってきたら
ツツジ(サツキ?)が綺麗に咲いていましたよ。

ラオフェス170528p 

私は「鉄子さん」ではないけれど、
電車とツツジ(サツキ?)が良い感じだったのでパチリ


ラオフェス170528o 


駅前の喫茶店で一息


夫はチーズケーキとカフェラテ

ラオフェス170528i 


私はカボチャのタルトとアイスコーヒー


ラオフェス170528j 




こうして、久々のラオス満喫の1日はおわりましたとさ。




***** おまけ *****


チュールでにゃんずの気を引く娘 

(娘は普段メウにあまり触らせてもらえないのです。
下に見られている節あり 笑)


メウマロン170605 

我が家では長女がメウ、次女が娘、三女がマロンという序列になっております 


まぁ、猫年齢で言ったらマロンも十分オバチャンだけどね 笑
(性格的に末っ子気質なもんで・・)

[ 2017/06/10 ] お出かけ | TB(-) | CM(8)

全国都市緑化よこはまフェア (ガーデンネックレス横浜2017) その2

クロスステッチの記事でちょっと寄り道しましたが、横浜お花レポートその2です。少し長いけどGO!笑


エネルギーチャージを完了したら再び歩きますよ~。
港の見える丘公園まで上っていかないとね! 笑 


横浜人形の家の横を通って

横浜170516z9

階段を上っていきます。木々が美しいです。

横浜170516z61

八つ手かな?

横浜170516z62


階段を上りきって道を進んでいくと
「ハンギングバスケットの丘」ゾーンにでました。

横浜170516z63




横浜170516z11


たくさんのハンギングバスケット

横浜170516z10




どれも素敵に寄せ植えられています

横浜170516z26


「家に1つ持って帰りたいね」と友人と話していました 笑
(きりがないので写真はこれくらいにしますが、
とても沢山の素敵なハンギングバスケットが飾られていました)


横浜170516z27


ハンギングバスケットの丘にはこんなコーナーも

横浜170516z16

さりげなく多肉がまたニクイ!

横浜170516z15


横浜170516z18


実際の洋館をミニチュアで再現し、植栽していてとても可愛い!!

横浜170516z19


上のミニチュアはこの洋館ですよね~
(実際の洋館の写真も展示してあった)


横浜170516z25

こんな感じで色々な洋館のミニチュアが作られています

横浜170516z12

どれも丁寧で、植栽も凝っていて美しい。

横浜170516z13


横浜170516z14


横浜170516z20


横浜170516z21


横浜170516z22

あまりに可愛いので、写真を撮りまくりました

横浜170516z23

次は「香りの庭」ゾーンへ・・

横浜170516z34


横浜170516z28

ジャスミンのような強い香りを放つ「ニオイバンマツリ」
紫から薄紫、そして白へと色が変わるんですって。

横浜170516z31

約100品種の香りのバラや香りの植物を集めたガーデンだそうです。

横浜170516z32


横浜170516z33


横浜170516z38


横浜170516z29


横浜170516z30

どのバラも綺麗でついパシャパシャ

横浜170516z36


横浜170516z40


横浜170516z39


横浜170516z41

一重のバラも清楚で可愛いですね

横浜170516z42


横浜170516z43


横浜170516z44


横浜170516z46


横浜170516z47

まさにバラの香りのシャワーが降り注ぐ感じ

横浜170516z48


横浜170516z50

香りを堪能した後は「イングリッシュローズの庭」へ

横浜170516z69

イギリス館とバラ、似合います☆

横浜170516z52

約150品種1200株のイングリッシュローズを中心に
シルバーやブルーを中心とした草花による
色彩のハーモニー溢れる庭だそうです。

横浜170516z66




横浜170516z67


横浜170516z51

横浜ベイブリッジを臨む

横浜170516z53


横浜170516z56


横浜170516z54



横浜170516z55


横浜170516z58


横浜170516z59


横浜170516z60


横浜170516z65


横浜170516z64


横浜170516z68



横浜170516z71


横浜170516z70


横浜170516z35



山下公園と港の見える丘公園で咲き誇るお花たちを堪能し、最後に桜木町で珈琲を飲んでこの日の散策はお開きとなりました。似たような写真の羅列になってしまいましたが、綺麗なお花の様子を皆さんにお届けしたかったのでお許しを!最後までお付き合い下さり有難うございました。
[ 2017/06/02 ] お出かけ | TB(-) | CM(6)

全国都市緑化よこはまフェア (ガーデンネックレス横浜2017) その1

少し前になりますが、友人と横浜にお花散策に行ってきました。
関内駅から山下公園を通り、中華街でランチをした後、港の見える丘公園 へ。暑くも寒くもなく気持ち良いお天気の中、たくさんのお花を愛でることができました。バラも満開でとても綺麗でしたよ!
お花写真の羅列になりますが、しばしお付き合い下さいませ。

関内から山下公園へ向かう途中の噴水

横浜170516a

色鮮やかなルピナス

横浜170516b

カンガルーポーが可愛い寄せ植え

横浜170516c

山下公園に到着 

横浜170516d

公園中、花で彩られています

横浜170516e

フェアのキャラクター「ガーデンベア」

横浜170516f
 

横浜170516i

未来のバラ園

横浜170516h 

柱のバラのアップ

横浜170516j 


横浜170516k 


横浜170516n 

氷川丸をバックに良い感じのお花たち

横浜170516m 

バラと宿根草の競演

横浜170516p 
 

横浜170516q 


横浜170516z2

インパクトのあるジギタリス

横浜170516o 

たくさんの種類のバラが植えられています

横浜170516r 


横浜170516s 


横浜170516t 


横浜170516u 

どれもそれぞれに美しい

横浜170516v 


横浜170516w 


横浜170516y 

何色のバラが好きですか?

横浜170516z1 

ビビッドな色使いですね

横浜170516z4

こちらは同系色でまとまっています
数種のバラとクレマチスかな?

横浜170516z

これはなんていうお花かなぁ?
好みの紫色

横浜170516x


山下公園のお花を満喫したので港の見える丘公園に向かいます。
その前に、お腹がすいたので中華街でランチ~。

私は坦々刀削麺

横浜170516z7


友人はチャーシュー刀削麺

横浜170516z8


刀削麺は初めて食べました。モチモチして食べごたえがあって美味しかったです(^^)

長くなったので続きはまた後日・・・。


[ 2017/05/27 ] お出かけ | TB(-) | CM(4)

LYB豚を味わう会  生産者さん来店スペシャルディナー

GW中の話になりますが、恵比寿のル ビストロ(前回訪れたときの記事はコチラ→)で開催されたスペシャルディナーに夫と参加してきました。

ビストロ170430a


ビストロ170430b


ビストロ170430r


LYB豚とは富士農場サービスグループによって作出されたブランド豚で、L(ランドレース)Y(ヨークシャー)B(バークシャー)の3品種を掛け合わせた豚です。肉質がきめ細かく柔らかいのと、脂肪融点が32度と通常の物(38・5度くらい)に比べ低いので、脂身の口どけが良く甘みがあるとのこと。この日は、富士農場サービスグループ代表の桑原 康さんがいらっしゃっていて、スライドを使っての色々なお話を聞くことができ、豚肉についての知識も深まりました。


ビストロ170430s


桑原さんは養豚農家の3代目で、“家畜人口受精師”と“獣医師”の資格を持ちながら、豚のブリーダーとして日本トップの実績を持つ養豚界の第一人者。また、豚の人工授精や品種改良に関する世界的権威というすごい方です。富士農場サービスは日本で唯一(桑原さん曰く世界で唯一かも・・とのこと)すべての原種豚を保有している農場とのこと。

そんなすごい方なのですが、とても気さくで冗談などもとばしながら、豚肉について色々説明してくださいました。また、桑原さんは私の大好きな「職人臭」がプンプンしていました。地道に焦らず労を厭わず、また妥協せず、コスト重視ではなく品質重視。口で言うのは易しですが、とても大変なことだと思います。でも、その心意気にいたく感動しました。何より、桑原さんがとても楽しそうにお仕事をされているのが印象的でした。

富士サービス農場の豚肉は、血統書つきの犬や猫と同じく、全て父豚、母豚が明記された証明書がついています。雄大な富士山の麓で、厳しく衛生管理された美しい農場で育っている豚さん達。(上の写真に写っているのが農場)美味しくないわけがないなぁ・・と思いました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよお料理のご紹介です。上記のメニューに加え、飲み物もフリードリンクで本当にお得な会だったと思います。(全部込みで1人6,000円)


飲み物メニュー

ビストロ170430u


ビストロ170430t


ただ非常に残念なことに、この日私は体調が今一つで(とても楽しみにしていたのに!!)、ワインは最初のスパークリングだけであとはずっとウーロン茶(TT) 夫が飲んでいる赤ワインやロゼなどを味見に一口もらう・・といった程度でした。もともとお酒はほとんど飲まないので強くないのですが、この美味しいお料理にはぜひともワインをあわせていただきたかったなぁ・・と、そこだけが悔やまれます。それでも、お料理は全部美味しくいただくことができたので結果オーライですが。(^^)


乾杯の1杯目

ビストロ170430c



グリーンピースのスープ

ビストロ170430d


ル ビストロ特製シャルキュトリーの盛り合わせ
(パテ ロースハム)

ビストロ170430e


ビストロ170430f 

この日の会は「LYB豚を味わう会」と銘打たれていましたが、LYB豚の他にとても珍しく貴重な満州豚という物も出され、両方の品種を食べ比べてみるという趣向も凝らされていました。(返す返すもお得な会でした)黒い皿が満州豚、白い皿がLYB豚です。ちなみにこの量は4人前。他の二人組の方と相席で4人でシェア。(同年代くらいの男性二人組)

説明によると、満州豚は中国の希少品種でもとは黒い猪。LYB豚が優しく女性的な味なのに比べ、男性的で濃厚な味とのこと。ただ、脂肪融点は満州豚の方が低く(30度)口どけはこちらの方が良いらしい。


ゆのさや農園野菜の盛り合わせ もろみ味噌マヨネーズで
LYB豚のリエット

ビストロ170430g 


お野菜もとても美味しかったし、もろみ味噌マヨネーズが豚肉で脂っこい口をサッパリさせてくれて良かったです。このドレッシングにすっかりハマってしまって、最近家でもよく作っています。(もろみ味噌とマヨネーズを混ぜるだけですが 笑)
LYB豚のリエットは安定の美味しさで、バゲットにつけて食べました。

富士農場協賛 セレ豚モモ肉のハム(鎌倉ハム)

ビストロ170430l



ビストロ170430k


ビストロ170430i


ル ビストロさんでは自家製のハムやベーコン、ソーセージなども作っていますが、このハムは富士農場さんのセレ豚を使って鎌倉ハムさんが作ったもの。ドドーーンと立派なモモを見せていただきました(^^) セレ豚は満州豚と原種の豚をかけあわせた豚さんです。
ちなみに「セレぶー」と読むようですよ。笑 LYB豚(ルイビトン?)といいセレぶーといい、富士農場さんのネーミング、シャレがきいてて面白いですね。

ル ビストロさん製はこんな感じ

ビストロ170430o

シェフの大和田さんも写ってます

ビストロ170430p


自家製ベーコン2種(LYB豚 純血満州豚)

ビストロ170430h


脂身が多いベーコンですが、良い豚を使っているため脂がくどくありませんでした。どちらも美味しかったです。このあと「ゆのさや農園」のグリーンサラダも出たのですが写真を撮り忘れました。ベーコンで脂ギッシュになった口をさっぱりさせてくれる心遣いが嬉しい。

サラダに続きお口直し ゆのさや人参のアイス

ビストロ170430j


この日は豚豚豚づくし・・・なのでシェフも色々考えて下さったようで、ガッツリメインの前に一呼吸。さっぱり人参アイスでお口直しです。さぁ、いざメインに突入!


LYB豚 純血満州豚の炭火焼き食べ比べ(ロース 肩ロース)

ビストロ170430m


ビストロ170430n


白い皿がLYB豚、黒い皿が満州豚です。メインにたどり着く前にすでにかなりお腹一杯だったのですが、ここにきてこのボリューム。どーーーん!お腹キツイです・・・。でもホント美味しい!
豚そのものもさることながら、焼き加減、塩加減が絶妙。

そういえば生産者の桑原さんが各テーブルに挨拶に来てくださったのですが、その時に豚の一番おいしい部位は「前足」だと仰ってました。よく動かすのでそこが美味しいのだそうです。前足ということは肩ロース・・?なのかな?確かに、私は肩ロースが一番好きです。


モンバジャックゼリーとフルーツ

ビストロ170430q


「モンバジャック」って何ぞや?と思ってググったら、フランス南西地方モンバジャック地区産の甘口白ワインでした。アペリティフやデザートワインとして飲まれるようです。このデザートにはミントなども入っていて、口をサッパリさせてくれるものでした。
デザートの後、最後にコーヒーを飲んで今日のお料理はすべておしまい。大・大・大満足の会でした。

お料理はもちろんなのですが、このお店はスタッフの方が本当に気持ちが良い。この日も、その場にいる皆さんが和やかに暖かく、うち解けた雰囲気でお料理を楽しめていました。私達も、知らない方との相席でしたが(1テーブル4人でシェアと書かれていたので、2人で参加する場合は相席と参加前からわかっていました)、お互い気を使いつつ和やかに、美味しいお料理を一緒に堪能しました。やはり、美味しいものは楽しく気持ちよく食べるに限りますよねー。



夏ごろにまた別のイベントが企画されるようです。
都合が合えばぜひ参加したいと思います。




***** おまけ *****


母の日のプレゼントということで、
娘がバナナチョコマフィンを作ってくれました。

マフィン170514 

とても美味しかったよ。サンキュー、娘
[ 2017/05/14 ] お出かけ | TB(-) | CM(2)