2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06




ラオスにいったい何があるというんですか? その2

ルアンプラバンの写真の続きです。今回はルアンプラバンの中でも一番の美しさと格式、人気を誇ると言われている「ワット・シェントーン(Wat Xieng Thong)」の写真をご紹介しますね。
あ、その前に、お寺の詳細と歴史について・・・ 

この寺院は、1560年にセタティラート王によって王家の菩提寺として建立された。 屋根が軒に向かって低く流れるように作られている、典型的なルアンパバーン様式 の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院である。本堂裏側のタイルによって描 かれた「生命の樹」のレリーフは素晴らしく、一見の価値がある。かつては、王族の神聖な儀式に使用され、シーサワンウォン王の誕生した場所でもあり、また逝去時に使用された霊柩車が境内に納められている。(ラオス情報文化観光省観光部HPより引用)


ルアンパバーン9

屋根の上の飾り「ドクソーファー」
宇宙を象徴していると言われ、尖塔の数が
寺院の格を表しているそうです


ルアンパバーン10


ルアンパバーン8

本堂の正面壁の装飾

ルアンパバーン14

本堂のご本尊

ルアンパバーン15


レッド・チャペルの壁のモザイク飾り

ルアンパバーン23


ルアンパバーン12


ルアンパバーン11


ルアンパバーン13


ルアンパバーン21

レッド・チャペルの中の仏様

ルアンパバーン20


ルアンパバーン22

シーサワンウォン王の葬儀用御車(霊柩車)

ルアンパバーン16


ルアンパバーン18

その他 寺院の装飾など

ルアンパバーン39


ルアンパバーン34


ルアンパバーン17


ルアンパバーン31


ルアンパバーン19


ルアンパバーン29



以上、ワット・シェントーンの写真でした。ルアンプラバンでは他にも色々な場所に行ったのですが、何故か写真が見つからず探しているところです。今回は取り急ぎこれで終わりにしますが、他にもご紹介したいところがあるので、またいつかラオスの記事を書けたら・・と思っています。ほんの少しではありましたが、ラオスの思い出にお付き合いいただき有難うございました。




***** おまけ *****


先日アップしたデルフト焼きのプレートと一緒に買ったもの。同じくデルフト焼きです。クリスマスが終わったのでツリー柄を片付け、今はこちらを飾っています。



デルフト焼き1




ツリー柄も可愛いけど、こちらの方がより好みかな(^^)

[ 2016/12/29 ] 旅行 ラオス | TB(-) | CM(6)

ラオスにいったい何があるというんですか?

去年発売された村上春樹さんの紀行文集。遅ればせながら最近やっと読みました。残念ながら、タイトルのわりにラオスの章はあまり長くなかったけれど・・・(^^;)


ラオス本


この本は色々な国の紀行文がいくつか集まったものです。その中の1つがラオスのルアンプラバン(ルアンパバーン)を訪れたときのもの。タイトルの由来は、日本から直行便がなくベトナムのハノイで乗り継ぎのために1泊したときに、村上さんがベトナム人から聞かれた一言。

「どうしてまたラオスなんかに行くんですか?」と不審そうな顔で質問された。その言外には「ヴェトナムにない、いったい何がラオスにあるというんですか?」というニュアンスが読みとれた。


確かに・・(^^;)ベトナム人、言いそう 笑
ラオス在住中、私もなんとなく感じていたこと。それは、ベトナムやタイはラオスのことを下に見ているなぁ・・という感じ。(注:あくまで個人の感想です)実際、経済発展ということでいえば、ラオスはベトナムやタイのようには成長していませんしね。
市場やお店で出会うラオス在住のベトナム人やタイ人は、ラオス人に比べてチャキチャキ(ガツガツ・・・?汗)していて、商売が上手な感じを受けました。これは別にベトナム人やタイ人がどうこうということではなく(悪口ではないという意味)、やはり気質なのかなぁ・・という気がします。ラオス人はゆったりおっとりしていて、市場や土産物屋の売り子さんたちもあまりガツガツしていません。
しつこく売り込んだり、ぼったくったりしないのです。他のアジアの国のマーケットに比べると、うるさく声をかけられることもなく、ゆっくり見て回れる気がします。とても感じが良いです。

この本にはルアンプラバンのことだけで、首都ビエンチャンのことは書かれていません。ちなみにルアンプラバンはラオスの古都で、日本でいうと京都みたいな感じです。1995年に町全体がユネスコの世界遺産に登録され観光客が倍増しました。近年ではイギリスの旅行雑誌で「今行くべき目的地」や「満足度の高い観光地ランキング」で1位をとっています。
私はラオス在住中、2度ルアンプラバンに行きました。ビエンチャンも他のアジアに比べれば十分ゆったりしていて癒されますが、ルアンプラバンはビエンチャンよりもさらに穏やかな時間が流れているような印象を受けました。何もせず、ゆっくりとただそこに滞在していたいと思わせる何か・・。とても魅力的な町でした。

ルアンプラバンの町並み


ルアンパバーン30


ルアンパバーン28


ルアンパバーン27


ルアンパバーン32



ルアンパバーン26


ルアンパバーン25


ルアンパバーン33


ルアンパバーン6


ルアンパバーン40

朝市の野菜売り

ルアンパバーン2

ナイトマーケット

ルアンパバーン35

モン族の布バッグ
一時期大ハマりして、何種類も持っています(^^;)

ルアンパバーン37

同じくモン族の布で作られているぬいぐるみ

ルアンパバーン38

木製のタペストリー掛け
売り子さんが包んでいるのは私の購入品 笑

ルアンパバーン36



昼のマーケットもあります
木彫りの僧侶

ルアンパバーン4

色鮮やかな織物たち

ルアンパバーン3

操り人形 

ルアンパバーン24

以前も載せたことがありますが・・
またまたモン族のバッグ

ラオス2



写真の羅列ですみません。ルアンプラバンに流れる穏やかな空気。
少しでもお伝えできていたら幸いです。
まだ他にも載せたい写真があるのですが、長くなったので続きはまた次回。



[ 2016/12/23 ] 旅行 ラオス | TB(-) | CM(4)

望郷のラオス

望郷の・・・と書いたけど、もちろん故郷ではありません。(笑) でも、2年半だけど、そこで暮らした思い出はずっと残っています。 突然何かといいますと、先日テレビでやっていたこの番組。 「向井理が見た未来への生きるヒント ラオス・世界遺産の街」。 
録画してあったのを娘と一緒に見ました。
ラオス在住中、ルアンパバーンには結局2回しか行けなかったけれど、ビエンチャンよりもゆったりとした感じのする街でとても好きでした。
朝市やルアンパバーン名物の川海苔(カイペーン)、フランスパン工場、ナイトマーケットなどの映像を見て懐かしさに浸っていると、エレファントビレッジ(http://www.elephantvillage-laos.com/)も出てきました。

「あー、ここ行った。」と私が言うと、娘が「あ、これじゃん!」と部屋着として着ていたTシャツを指さしました。何とも奇遇なことに、私が昔お土産にあげたエレファントビレッジのTシャツを娘がその時着ていたという・・(笑) で、娘がポツリと、「ここ、私は行かなかったんだよね。あの頃は全然外に出たくなかったから、どこにも行かなかった。今こうしてみると、ホントに行っとけば良かったと思う場所ばっかり。」・・と。


そっか。娘もそう思える年になったか。ラオス在住中の娘は小6~中2。
超インドアガールで(まぁ、今もそうだけど 笑)積極的に出かけたりすることはなく、ラオスの文化や食べ物にも、あまり興味を持ちませんでした。まぁ、でも、それも仕方なかったかもしれません。


モンゴルの時もそうだったけど、住んでいる時ってそのすごさを忘れちゃったりするんですよね。(日常になっちゃうから。)あとで見てみると、こんな所に住んでたんだなぁ・・と、その素晴らしさに改めて感動したりするわけです。まぁ、でも、その時体験したことは、何かしら娘の人生に残って影響を及ぼしていると思うので、貴重な時間を過ごすことができたのだと思います。



あぁ、こんな番組見たら、またラオスに行きたくなっちゃったなぁ・・!






***** おまけ *****



ルアンパバーンのナイトマーケット


ラオス1 




モン族の布のバッグ



ラオス2





[ 2015/07/13 ] 旅行 ラオス | TB(-) | CM(0)

ラオス旅行 その6

ラオス料理の「シンダート」


シンダート


ラオス風焼肉です。ジンギスカン鍋みたいな形の鍋で、真ん中で肉を焼き、周りにはスープを入れ野菜を煮ます。特製のタレ(甘辛い味噌のようなタレ。チェオといいます)をつけて食べます。とても美味しいです!値段も安く、野菜がたーっぷり食べられるので焼肉だけどヘルシーな感じ。たぶんラオス人はしないけど、日本人は最後にスープのところにご飯をいれ、卵でとじて雑炊に・・。これがまた美味しい(^^) 
お腹いっぱい!大満足☆

私が初めてシンダートを食べたのは、ビエンチャンではなくルアンパバーン(ラオスの世界遺産の町です)でした。その店のタレがすごく美味しくて、シンダートの虜に! ビエンチャンでは3軒くらい食べに行きましたが、ルアンパバーンのタレを超える味には出会っていません。もう一度、ルアンパバーンのシンダートが食べたいなぁ。 とは言え、上の写真のお店もなかなか美味しいです。この時も、お腹パンパンになるまで食べまくりました(笑)



ラオスで滞在していた家の付近


家1 


ラオス滞在を終え、帰国の日の1枚。滞在中は曇りや雨の日が多く、思ったより暑くありませんでした。(出発前の関東のほうが暑いくらい) 最後の日は晴れて、雲がきれいだったのでパチリ。楽しい滞在でした。 また行きたいな!



[ 2012/08/18 ] 旅行 ラオス | TB(-) | CM(0)

ラオス旅行 その5

今回の旅行では、沢山の懐かしい友人達にも会うことができました。
お喋りしていると、時間が過ぎるのはあっという間。本当に楽しかったなぁ。 

そんな再会のひとつに、手芸仲間、猫仲間、ブログ仲間である「けなりさん」のお宅訪問がありました。けなりさんは兄妹猫ちゃん3匹を飼っていて、どの子もとってもかわゆいのです(*^^*) 私が帰国後に飼われたので、ブログで拝見するだけで、実際に会ったことがありませんでした。今回やっと会うことができて嬉しかった~!!(でも、写真を撮るのを忘れてしまいました・・泣!同じく、もう一人の手芸仲間、猫仲間、ブログ仲間の友人と3人で、お喋りするのに夢中だったもので・・・) 
その上、こんな素敵なプレゼントまでいただいてしまったのですよ!



レース編みの達人!けなりさんの手編みのドイリー


けなりさん1 



いつ見てもすごいです。けなりさん、本当に有難う!!!
大切に使わせていただきます!!!



そして、けなり家のにゃんこの写真は撮れませんでしたが・・・。
あるメコン川沿いのレストランで夕飯を食べた時の1枚。


ネコ1 


このレストラン、野良猫ちゃん(?)が何匹かうろうろしていました。その中でも、この子は何となく懐っこく、あまり警戒心も出さずおっとりしたお顔。手を差し伸べたら寄ってきたので、ついつい残っていた海老フライなんかあげちゃったりして・・・。


コンビュー



嬉しそうにハグハグと食べていましたが、うるさくおねだりするわけでもなく、
私の椅子の下にちょこんと落ち着いてしまいました。


ネコ3


声をかけると、こんな可愛い顔で見上げます。

ネコ2


結局残っていた海老フライ、全部あげちゃいました(^^;) 
あのにゃんこ、胸焼けしなかったかな・・・。




[ 2012/08/18 ] 旅行 ラオス | TB(-) | CM(0)